【新商品開発セミナー②】プロジェクト事例に学ぶ成功の法則

地域を結ぶ商品開発プロジェクトとは?
プロジェクト事例に学ぶ成功の法則

地域の食資源を活用した商品開発プロジェクトが全国各地で進められています。しかし、それらの中には一過性の話題で立ち消えてしまうものが多く、開発して商品になるのは稀少となっているのが実情です。開発した商品を、一時的な「ブーム」ではなく地域の「名物」に育てていくためには、プロジェクトの概念を固め、継続したプロモーション戦略を展開していくことが不可欠です。

当セミナーでは、商品開発で結果を出す為に必要な考え方や具体的なプロモーション戦略を、地域の食材を活用したおにぎりによるまちおこしプロジェクトである“地にぎりプロジェクト”をはじめとする成功事例を基にお話しします。

<講演内容>
☆イベント的な商品開発ではなくプロジェクト化を!
☆事例に学ぶ①
地域を結ぶ商品開発プロジェクト
おにぎりによるまちおこし“地にぎりプロジェクト”
☆事例に学ぶ②
“思い”が育む新商品開発
無添加じゃこ天みよしの新商品開発
☆失敗事例にも学びたい
「こんなプロジェクトは嫌だ!?」
☆成功へのブレイクスルーポイントは?
高島市の商品開発でおさえておきたいチェックポイント

概要

日時
平成29年11月10日(金)
19:00 ~20:30
場所
高島市商工会 青女研修室
(安曇川町田中89)
定員
先着25名
(定員超過の場合は連絡させて頂きます)
受講料
無料
申込方法
下記申込書に必要事項を記入の上、切り取らずに商工会まで持参していただくか、電話・FAX(32-3340)にてお申込み下さい。
お問い合わせ先
高島市商工会(高島市安曇川町田中89)
TEL:0740-32-1580
FAX:0740-32-3340

講師紹介

西村 重夢 氏(合同会社オフィスエムズプロジェクト 代表)
1966年愛媛県松山市生まれ。京都大学卒業。大学卒業後、映像プロダクションにて、商業専門番組の取材ディレクターを務め、錚錚たる商業者の取材を数多く手がける。その後、愛媛朝日テレビの新規開局に伴い愛媛へとUターン。同社退職後、2010年6月アイドルによるまちおこし「ひめキュンプロジェクト」を立ち上げ、地元商店街等と協力体制のもと「ひめキュンフルーツ缶」をトップアイドルへと育て上げる。その後、地域活性化事業の経験とスキルに磨きをかけるために、厚生労働省の実践型地域雇用創造事業を担当し、数多くの事業を成功に導く。2015年よりオフィスエムズプロジェクト代表。様々なプロモーション支援や地域活性化のプロデュースなどに取り組む。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
インストールされていない方は、下記よりダウンロードよりダウンロードいただけます。(無償)

Adobe Reader ダウンロード adobe reader ダウンロード

Adobe Readerは、アドビシステムズ社の米国、および各国での商標または登録商標です。
Adobe Readerの不具合や利用方法についてはアドビシステムズ社にお問い合わせください。

カテゴリー : セミナー, 募集