【滋賀労働局より】育児・介護休業法が改正されます

子育てをしながら働き続けられるよう、仕事と家庭の両立を図ることは大変重要です。
平成29年10月1日から、改正育児・介護休業法がスタートし、その内容は次のとおりです。
また、育児・介護休業規定等、会社の就業規則を改正内容に則したものに改正する必要があります。
育児をしながら働く男女労働者が、育児休業などを取得しやすい職場環境づくりを進めましょう。

①育児休業期間が、保育所等に入所できないなど一定の場合には、子が1歳6か月経過後、2歳になるまで再延長できます。(この場合、育児休業給付金も2歳まで受給できます。)。

育児休業 図

 

 

 

 

②事業主は、労働者又はその配偶者が、妊娠・出産したことを知ったときに、当該労働者に対し、個別に、育児休業等に関する制度を知らせるよう努めることが必要です。

③未就学児(小学校入学前の子)を養育する労働者が働きながら子育てしやすいよう、育児に関する目的のために利用することができる制度を設けるよう努めることが必要です。

詳しくはリーフレットをご覧ください。
◎改正育児・介護休業法リーフレット

(問い合わせ先)
滋賀労働局雇用環境・均等室 TEL:077-523-1190
http://shiga-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/

 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
インストールされていない方は、下記よりダウンロードよりダウンロードいただけます。(無償)

Adobe Reader ダウンロード adobe reader ダウンロード

Adobe Readerは、アドビシステムズ社の米国、および各国での商標または登録商標です。
Adobe Readerの不具合や利用方法についてはアドビシステムズ社にお問い合わせください。

カテゴリー : お知らせ