中小企業 PL保険制度

☆本制度は、加入した中小企業の皆様が製造または販売した製品や、行った仕事の結果が原因で、製品の引き渡し後または仕事の終了後に日本国内において他人の生命や身体を害するような人身事故や、他人の財物を壊したりするような物損事故が遡及日(※)以降に発生し、加入期間中に日本国内において加入者に対して損害賠償請求がなされた事によって、法律上の損害賠償金や争訟費用等の損害を被った場合に、保険金が支払われるものです。

【例えばこんな事例があります。】

損害額
製造業 被保険者が製造した食品用の袋に製造上の欠陥があったため、納入先が製造・封入した生クリームが漏出し、損害が発生した。 約6,700万円
工事業 被保険者が行った防水工事に不備があり、施工後雨水が建物内に漏れて、内装設備等を汚損させた。 約1,900万円
請負業 被保険者が風呂ボイラのメンテナンスを誤ったため、入浴者が一酸化炭素中毒で死亡した。 約4,000万円
卸売業 被保険者である水産物卸売業者がウニをホテルに納入したところ、腸炎ビブリオが発生し、ホテルの宿泊客約40人が食中毒となった。 約300万円
飲食業 被保険者の飲食店が提供した食事で約200名が食中毒症状を訴えた。調査の結果、卵に付着したサルモネラ菌が原因と判明した。 約1,400万円

【ご加入頂くタイプ】次の4タイプからお選び下さい。

ご加入タイプ S型 A型 B型 C型
支払い限度額

期間中、対人・対物共通

5,000万円 1億円 2億円 3億円
免責金額(自己負担額) 3万円(1請求あたり) 3万円(1請求あたり) 3万円(1請求あたり) 3万円(1請求あたり)
○リコール費用担保特約(任意加入)
PL保険制度のタイプに拘わらず、ご契約は次の2タイプとなります。
ご加入タイプ 1億円タイプ 3,000万円タイプ

◎ご加入にあたって

  • 中小企業PL保険制度に加入できる方

この保険契約は3団体(全国商工会連合会、日本商工会議所、全国中小企業団体中央会)を保険契約者としており、市内では高島市商工会の会員が加

入条件になります。
また、加入事業者は中小企業基本法に定められている中小企業者(下記参照)の方に限られます。

資本金  従業員数
小売業 5,000万円以下または 50人以下
サービス業 5,000万円以下または 100人以下
卸売業  1億円以下 または 100人以下
製造業その他  3億円以下 または 300人以下
  • 2016年度 募集期間・加入期間

新規・更新加入は、募集期間が4月1日~5月31日となります。

中途加入は、

募集期間  2016年6月1日以降
保険料振込 毎月末日 (※土・日・祝日の場合はその直前の営業日)
加入期間  保険料振込月の翌々月の1日午前0時から、翌年7月1日午後4時まで